2015年05月18日

切り絵の道具3

切り絵用のハサミは高いしたまにプロに研いでもらったりメンテナンスが必要。
刃先が弱いから丁寧に扱わないといけない。

ハサミで切り絵するのって敷居が高いんですよね。
でも安くやってみたいって思うじゃないですか。
職場で気軽に作りたくなったりとか。

それで、安いハサミを片っ端から試してみました。
ハサミは上から順に試したので、だんだんレビュー方式が変わったり、だんだん雑になってるかも。

ハサミの選び方の基準は以下を参考に。
1.刃の薄さ
薄いほど細かく切りやすいです。刃が厚いと狙いを定めにくかったり、刃の厚さで紙が見にくかったり。
そのかわり、薄いほど扱いが大変になります。曲がりやすかったり、一度に何枚も切れなかったり。
切り紙ってありますよね?折り紙などを8つ折りにして切って、広げるときれいな模様になっていたりするんです。
切り絵用のハサミは弱いので紙2枚くらいが限度です。切り紙はできません。
自分の求める目的に合わせたハサミが必要ですね。
今回は細かい切り絵を作るのが目的なので、刃は薄ければ薄いほどいいと思います。
デジタルノギスで測りました。左右の刃の平均値です。
素人計測なので精度はそれなりです。
ちなみに蒼山日菜レース切り絵ハサミは0.44mm美鈴さんの切り絵はさみ(プロ)110mmは0.28mmです。

2.切りやすさ
実際に切ってみて切りやすさです。
ハサミはチョキチョキ動かしますが、動かしにくいとなめらかな曲線が切れません。かくかくしてしまったりします。
動かしやすすぎると切りたくない場所まで切ってしまうこともありますが、慣れですし、安いハサミだとそこまで動かしやすいのはないようです。

3.切り口のきれいさ
ハサミによっては特にパツン!と刃先を合わせて切ったときの切り口が乱れやすいです。
角を切ったときの出来上がりに直結します。

4.刃先のするどさ
切り絵用のハサミは鋭く、紙に直接刺さります。
普通のハサミは、安全のために刃先を丸めてあるようです。
そこで、針をさして、そこから切り進めることになるのですが、刃先が丸いと針を刺してもそこからすすめることができません。そうするとカッターとかで穴をあけて切っていくことになります。


1.カットワークはさみ 115(11.5cm)


刃の厚さ0.65mm(左右の差が大きめ)
宣伝文句は先が鋭く、細かいカットワークに便利
スラッシュキルト・アップリケ・モラ・ドールメイキングなどに

第一印象。刃が動かない。
ハサミを動かすときに重いというか固いんですよね。
固いから力を入れないと動かないし、力をちょっと入れすぎちゃうと切りたくないところまで切ってしまう。
慣れである程度コントロールできそうですが、これだと切っててすぐに疲れちゃいます。
オイルを付けてみたけど、ちょっと良くなったかな?程度。
刃先は針の穴からなら何とか行けるかな?レベル。鋭い刃にこだわったというだけのことはあります。
切り口は悪くないです。
持ち手も小さい割にはいい感じ。

まとめ:固すぎて切り絵には使いにくい。他がいいのでもったいない。固い分かみ合わせがいいので、糸とか布・フェルトとかきれいに切れそう。(布用のハサミなので当然?w)専用のハサミケースも嬉しい。

2.チカマサ ファンクラフト手芸クラフト用 FB-200


刃の厚さ0.88mm
宣伝文句は
パッチワーク・グラスアート・押し花・ペーパークラフトなどに
鋭い刃先で細工作業にピッタリ

第一印象はデカッ!!
購入誤ったかと思いました。
でも結構使いやすいです。ペーパークラフト向けと書いてあるだけありますね。
とにかく動きが軽いのがいい!
切り口も悪くない。
問題は刃が分厚いのと、刃先が鋭くないので針の穴から切り進めるのは難しいところですね。
刃が厚いと、直角に曲がったところを切りにくいのですが、これはなぜか結構いけます。
刃全体は暑くても刃の切る部分が薄いのかもしれません。
説明が難しいのですが、切った後刃を横にして差し込んで、切り進める方法です。しっかり端まで合わさってくれる。
慣れれば結構いい切り絵が作れそうです。

まとめ:けっこういい。刃先が鋭くて針の穴から切り進められれば最高だった。

3.アネックス(ANEX) 手芸用精密ハサミ 直型90mm No.190


刃の厚さ0.61mm
宣伝文句は切れ味抜群。布や紙の細かな形成や糸切りなどに最適な手芸・クラフト用ハサミです。

レース切り絵の本と一緒に購入されている方が多いようですね。
実はこれだけ結構前に購入してあったんです。なので第一印象忘れましたw
残念ながらうまく使いこなせませんでした。
小さすぎて切るのは大変だし、ハサミを動かすのも固くて難しい。
刃が厚いので、角も切れない。今回レビューのために引っ張り出してきました。

オイルを塗ってみましたが固いのは変わらずですね。
切り口がなんとなく上二つよりは劣るかも。
針穴からもなんとか切り進められます。刃先の鋭さは結構いいかもしれませんね。
ハサミ全体が小さいので切ると疲れます。
おすすめはしませんが、使うならアネックス(ANEX) 手芸用精密ハサミ 直型125mm No.192
の方がいいかもしれません。

まとめ:全体的に物足りない。刃先の鋭さはいいかも。


4.長谷川刃物 極細デザイン用はさみ DSB-100 ブラック



刃の厚さ0.53mm(左右差大き目)
宣伝文句は
繊細なペーパークラフトに!!
だけですw潔いですね~
でもパッケージの裏には
・薄刃とシャープな刃先
・ボンドフリー(刃裏フッ素コート)
・安定感のある厚めのハンドル
・錆に強い国産ステンレス刃物鋼を使用
・職人仕上げ
と書いてあります。
注目するべきは研ぎ直しが500円でできるってことですね。
現在価格は877円。500円と税金と往復送料研げるそうです。
新しいの買ったほうが安いですねw

第一印象は小っさ!!
アマゾンレビューでも指が入らないという方が。
私もふつうのハサミみたいに人差し指と親指だと難しいです。
切り絵は中指と親指で切るのがおすすめと蒼山日菜先生もおっしゃってますし、そこは問題なしかな?

刃先の鋭さは1.カットワークはさみ 115(11.5cm)と同じくらい。
針からなんとか切り進められるかな?っていうくらい。ちょっと無理やり押し込む感じ。
動きは軽めではあるけど、謎の抵抗を感じる。
フッ素加工が引っかかってるのかな?切る音も他とちょっと違います。オイルでは変わらなかったです。
なんとなく、上3つよりも切り口がきれいな気がする。

まとめ:繊細なペーパークラフト専用というだけあっていい。でもフッ素加工はいらない。
(アマゾンの商品名は長谷川刃物だけど、ブランド名はCANARYなので、お店で買うときは注意。)

5.SK11 ミニクラフトはさみ ステンレス 100mm SMK-100S



刃の厚さ0.39mm
宣伝文句は
ペーパークラフト・パッチワーク・手芸の糸切りなどに
刃は薄く刃先が鋭いので細工作業に適しています。

第一印象は小っさ!!(再び)
上のと同じく、中指と親指で入るんですけど、グリップの形のせいか、刃の動きの重さのせいか、指がいたくなります。
刃の動きは大きく広げると重いのですが、先だけだと軽め。広げ具合で結構変わります。
細かいのを切るのが目的なので、このくらいなら許容範囲内かな?オイルで少し軽くなりますが、レビューに影響を与えるほどではなかったです。
グリップの形が悪いのか指が痛くなる。
切りやすさはこれまでで一番いいかも。
切り口もこれまでで一番きれい。
針穴からもなんとか切り進められる。
刃先を鋭くするためにわざわざ外側を少し削ってあっていい仕事してます。

まとめ:とってもいいけど、グリップがだめ。もう少し動きが軽いと嬉しい。

6.クラフトツール デカールバサミ 74031



刃の厚さ0.55mm(左右差大き目)
宣伝文句は
持ちやすい特製のグリップとシャープな切れ味で細かな文字やマークも切りやすく(中略)のりがつきにくいフッ素樹脂加工がされています。

第一印象はつかいやすそう。
グリップの形がいいんですよね。
でも中指と人差し指を同時に入れるのを前提としているので、中指だけ・人差し指だけで使おうとするとかなり使いにくいです。
長谷川ハサミ(CANARY)と同じような感触がありますので、やっぱりフッ素加工独特の動きなんですね。長谷川ハサミよりもちょっと重いです。
もともと、プラモデルなどに貼るシールを切るためのハサミです。
なのでフッ素加工は必須なんでしょうね。
切り口は悪くなく、針穴からも切り進められます。いままでで一番先がとがってるかも。

まとめ:結構いいけど、独特のグリップに慣れられるかどうか。

ラベル:切り絵
posted by にゃんすたぁ at 12:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 切り絵について | 更新情報をチェックする

切り絵実践3

時間があいてしまいましたが、完成してます。
猫のリボンのところが弱いので、
リボンに文字や模様を入れるとか、リボンを無くすとかした方が安定するかも。
このままでもリボン周辺をうまく残しながら切れば切れなくはないです。

リボンを切ると弱くなるので最後の方まで右の方は残しておきました。リボンの左側の外もしばらく残した方が切りやすいです。
917EC312-0C83-4DDF-8692-52D1D288ACC3.jpg
つまり、画像の赤いところですね。ここは中央に近いけど切りやすいので残しておいても大丈夫。
逆に切ってしまうと図案がへにゃへにゃになって他の場所が切りにくくなります。


9CBAFE6B-8788-448D-9B30-AE26A1F9EFBF.jpg切り終わり!

516D9BB9-E852-4510-8E92-18CFBB902136.jpg
裏返して完成!
蝶々とかお花とかシャギーを入れてアレンジしてあります。


スキャナ画像。
D15840C0-C8C9-4DD1-A24D-3AA69CA2DEE6.jpg

切り絵の図案に加工しました。
(ひっくり返して薄くしました)
6B3B08A4-D505-48D0-8D27-C1953AB096EE.jpg
ご自由にお切りください( ´ ▽ ` )ノ
(自分で作った宣言・2次配布・商用利用などはご遠慮くださいね)
posted by にゃんすたぁ at 12:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 猫の切り絵 | 更新情報をチェックする

2015年04月13日

切り絵実践2

切り絵を切る前に
まずはまわりの邪魔なところを切り落とします。
間違っても図案の外側の輪郭は切らないように。
03CAE5EA-8D5A-4D8D-9B68-1341D4F512BE.jpg
そうしたら中央付近の細かいところから切っていきます。
このあたりはカッターもハサミもおんなじですね。

ハサミとカッターではどちらがいいかは個人差があるようです。
ネットを見てるとプロの方でも両方やったうえでカッターを使ってる方とハサミを使ってる方がいるようです。
カッターはお安いのでやり安いですね。なのでカッター人口が多いようです。情報もたくさんあります。
私は慣れてないせいもあると思いますが、ハサミの方がうまく切れます。
でも直線で1mmないくらいの小さいものはカッターの方がうまくいくみたいです。
1辺が0.5mmの三角形とかですね。

91ACB6CA-9939-4BF5-9178-38FF2C53D761.jpgE3E81604-1F2F-4242-9D76-702F798D90F3.jpgAB028D46-0E1F-4440-BCAB-908108002EEE.jpg

ん〜
花の線が一箇所上手くいかず…
今日はここまで!
posted by にゃんすたぁ at 00:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 切り絵について | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。